ペンシルベニア州の無謀な運転料金

ペンシルベニア州の無謀な運転は重大な犯罪であり、ライセンス停止、多額の罰金、および投獄の可能性のある時間などの罰則を伴う。 あなたは無謀な運転で起訴されてきた場合は、できるだけ早く刑事弁護人に連絡してください。

ペンシルベニア州の無謀な運転とは何ですか?

ペンシルベニア州車両法のセクション3736は、無謀な運転手を”人や財産の安全のために故意または理不尽な無視で車両を運転するすべての人”と定義しているため、多くの行為が無謀な運転を構成する可能性があり、他の多くの交通犯罪が同時に発生する可能性がある。 これらの違反には、スピード違反、免許なしでの運転、障害を受けながらの運転、違法な操縦などが含まれます。

不注意な運転と無謀な運転の違いは何ですか?

不注意な運転は、ペンシルベニア州法のセクション3714によって、人または財産の安全のために”不注意な無視”で運転すると定義されています。 違いを明確にするために、不注意な運転の例は、車輪の後ろで眠りに落ちる人であってもよく、これは要約犯罪である。 一方、無謀な運転の例には、過度のスピード違反など、意図的に気をつけずに運転する人が含まれます。

罰則

ペンシルベニア州法では、無謀運転は法律の下で要約犯罪とみなされ、有罪判決を受けると200ドルの罰金で罰せられるとされている。 さらに、有罪判決を受けた場合、あなたは半年のライセンス停止に直面しています。 事件が仕事や緊急時のゾーンで発生した場合、fine200罰金は倍増します。 いくつかのケースでは、有罪判決を受けた刑務所の時間に直面する可能性があります。

無謀な運転が人や財産に害をもたらす場合、罰則が増加します。 行為が傷害を引き起こした場合、罰金は$1,000最小と90日の最小投獄期間です。 無謀な運転が人の死をもたらす場合、最小の懲役刑は12ヶ月に増加し、最小の罰金は$25,000に増加します。 無謀に運転している間に人を殺す運転手は、民事訴訟と同様に、車両過失致死罪の刑事告訴に直面する可能性があります。

さらに、ペンシルベニア州の法律の下で、ペンシルベニア州運輸省は、ウェブサイト上のファクトシートによると、交通違反が発生したときに個人の運転記録にポイントを追加します。 人がより多くのポイントを蓄積するほど、その人は法的結果に直面するようになります。 無謀な運転で有罪判決を受けた場合、ポイントはあなたの記録に追加されます。 ポイントの削除には時間がかかります。 無交通違反の12ヶ月後、三つのポイントが削除されます。

無謀運転で起訴された場合はどうすればいいですか?

ペンシルベニア州で無謀な運転で起訴された場合は、法律顧問を求めることが重要です。 あなたの記録に以前の交通違反がない場合は、あなたの文を削減し、可能な投獄期間を避けることができます。 弁護士は、あなたがより有利な司法契約を交渉するのを助けることができ、課された任意のライセンス制限を減らすのを助けることができます。 無謀な運転は、人や財産に害をもたらした場合、それはあなたができるだけ早く弁護士を求めることがさらに重要です–あなたのために提唱するあなたの側に弁護士を持つことは、より有利なケースの結果の可能性が高くなります。

私たちの弁護士はあなたを代表する準備ができています

あなた自身で無謀な運転料金と戦うことを試みないでください–ARM Lawyersの刑事弁護弁護士 570-257-4509であなたの場合の相談を今スケジュールしなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。